不動産購入に欠かせない住宅ローンについて

不動産購入に欠かせない住宅ローンについて

住宅ローンとは

住宅ローンとは、住宅を購入、改築する際に金融機関から借りるお金のことです。なかなか数千万円以上の不動産を購入するのに現金ですべて賄える人はそう多くはいませんよね。多くの人は住宅ローンを利用し、高額な費用を月々の返済にすることで負担を軽減しているのです。

物件によって決まる住宅ローンの条件

住宅ローンは居住用の住宅を購入する目的であれば大抵の物件で利用できます。中古戸建、マンション、新築、住宅を建てるための土地でも利用できます。一点注意なのが、購入する物件によって条件が変わってくることです。新築では長く借入することができる傾向が強いですが、中古では建物の耐久性を鑑みて借入期間が短くなるケースがあります。ローンを借りる前に前もって購入したい物件がどんなローン条件があるのか確認する必要があります。

住宅ローンの利息

もちろん住宅ローンは金融機関からお金を借りますので、利息が発生します。元金(借りたお金)に、金利(1年間にかかる利息額の割合)をかけることによって1年間の利息の割合が出ます。月々の利息額は1年間の利息の割合を12か月で割ると算出されます。

5000万円を元金として金利0.4%で35年返済のシミュレーションをしましょう。
今回はローンの返済で多く使われ、毎月の支払額が一定となる元利均等方式を用いて計算します。1回目の利息は5000万×0.004÷12=16666.66…円となり、2回目以降も元金の残高をもとに利息がかかります。この利息計算を35年分していくと支払利息総額は3,589,731円とわかります。元金と合わせて53,589,731円もの支払総額となります。
つまり、毎月の返済は元金の返済分+利息の支払い分を払っていくのです。


借入金額:5,000万円
金利:0,4%
借入期間:35年(420回払)
返済総額:53,589,731円
支払利息総額:3,589,731円

月額返済額:127,595円
年間返済額(月額返済額×12):1,531,140円

35年5000万円金利0.4%シミュレーション
返済月額が変わらないので元金と利息が反比例しているのがわかる
(https://www.loankeisan.com/『@ローン計算』より抜粋)

住宅ローンの利息 表画像
住宅ローンの利息 表画像

まとめ

  • 住宅ローンを利用することで一括で払う難しさを解消、負担の軽減になる
  • 購入する物件によってローン条件が変わってくるので注意する
  • 月々の利息は元金×金利(%)÷12で求められ、元利均等方式が多く使われる
  • 毎月のローン返済では元金の返済分+利息を支払っていく

個人で住宅ローンを借りようと思っても、買いたい物件がローンの承認が下りずに買えないなんてこともあり得ます。イエコムでは、ファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーの資格を持ったプロがお客様に最適な住宅ローンをご提案させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です