なぜ家を買うのか? 3つのポイントをズバリ解説!

なぜ家を買うのか? 3つのポイントをズバリ解説!

賃貸と持家、どちらがいいのかという論争は今も続けられていて、実際に決着をつけることは難しいでしょう。今回は持家派の心理に寄り添って、なぜ家を買うのかという購入動機について3つのポイントで見ていきたいと思います。

費用面

不動産購入を検討している方の購入動機は十人十色です。

しかし多くの方が「費用」に対しての考えをもっているのではないでしょうか。不動産を購入するというのは一世一代の高い買い物となることは間違いありません。その中で購入するのがいいのか、賃貸で家賃を払い続けるのか賃貸と分譲住宅の一番の違い、それは「掛け捨て」か「将来の資産」、だと言えます。家賃だけで月収の 1/3 程度を支払っている方も多くいます。

一方で分譲住宅は住宅ローンを組むことで、毎月の返済が家賃と同額程度の支払いになるとはいえ、将来的に住宅を売った際にある程度の金額が手に入るため、実質的な費用を賃貸と比較すると、結構な差が出てくることがわかります。

時期面

市場の相場や自分の貯金を鑑みて、お得な買い物を進めるのも手だと思います。

先ほどの費用面でもあった住宅ローンは昨今、低金利で借りられることもあり、自己資金なしで借り入れられることが分譲住宅を購入するのに有利に働いています。また、単純に不動産価格を見ても割安な時期と割高な時期があり、今は比較的割安な時期にあたるのでお買い時になるのです。

しかし、自己資金なしで借りるのも不安だという人も少なくはありません。ですので、自分の満足するまで貯金をしてローンの負担を減らすという方法もあります。時期によって賢く不動産購入をすることが大事といえるでしょう。

こだわり面

今までは費用と時期という点で見てきましたが、「子供がいるから広くて住みやすい一戸建てを買おう」や「仕事場や駅に近くて便利だから」という理由もあるでしょう。また、分譲住宅であれば賃貸よりも良い設備が多く、自分で好きに設備変更できる点も生活を便利にできる点だと思います。

これらのように生活するためにこだわるべき点を考え、自分で満足ができる環境を作ることも不動産を購入する理由となります。

まとめ

  • 「掛け捨ての家賃」「資産を作る分譲集宅購入」両者を比べて差を意識することが重要
  • お買い時な今、不動産を購入するのか、貯金して自己資金を含めてローンの負担を減らすのか、時期を重視する
  • 駅近や生活環境に合わせて、自分の満足のいく不動産を購入することもポイント

自分の満足のいく不動産を探すことができてもなかなか個人でコストプランニングやローン費用のことなどを試算するのは難しいと思います。私たちイエコムでは、不動産購入のプロがお客様にわかりやすく、丁寧にご相談に応じさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です